新着情報

大河ドラマ「龍馬伝」にも登場!「順動丸」のシャフトを特設展示


大河ドラマ「龍馬伝」にも登場する輸送船「順動丸」のシャフト一対を、寺泊観光協会などと協力して特設展示します。

順動丸は幕府の誇る輸送船で、当時最新鋭のイギリス製外輸船。将軍徳川家茂をはじめ、坂本龍馬や勝海舟など幕府関係者の運行に活躍しました。その後、戊辰戦争時には会津藩に貸し出され、戦地への武器輸送に使われたことが記録に残されています。慶応4年(1868年)5月25日、寺泊沖で停泊中に新政府軍の奇襲に遭い、拿捕を避けるため、自爆という最期を迎えました。

激動の維新史を語り継ぐ貴重な史料であることから、長岡市指定文化財として寺泊地域で保管してきましたが、市内外に広く知っていただくため今回特設展示することとしました。

⇒詳しくはこちらのPDFをご覧ください。