施設のご案内
施設のご案内

長岡リリックホール




大きな地図で見る

700席のコンサートホール、450席のシアター、大中小10室のスタジオなどからなるコンプレックスである。
オープンは平成8年11月。
リリック(Lyric:英語)とは”叙情詩的な、メロディーの美しい”という意味。
建物は楕円と短形のシルエットを持つ2つのホールのヴォリーム以外は、ゆるいカーブを描くアルミの大屋根で覆われている。
コンサートホールは、クラシック音楽のための”シューボックス(靴箱)型”の音楽ホールで、舞台の両脇に配したバルコニー席によって、舞台と客席との一体感を強めている。
シアターは、演劇、舞踏などの様々な催し物に対応できる”プロセニアム(額縁)形式”の劇場で最新の舞台設備により多様な演出が可能となっている。
スタジオは、市民が日常的な練習に気軽に使うことができる創作・練習の場で、広さ及び設備など利用目的にあわせて選択できるよう配慮されている。
また、一体化されたホウイエ、公園への眺望が十分に確保され、色使いが個性的な家具が配置されている。そしてガラス張りの吹き抜けから柔らかく注ぎ込む光やランダムに林立する柱による木立のような空間が、来館者に非日常的世界への期待感を誘っている。
長岡リリックホールは、「市民の草の根の芸術文化活動の創作・発表の場」「優れた舞台芸術の鑑賞の場」を実現するための創造空間であり、「ともにつくり」「ともに楽しむ」を合い言葉に積極的な活用を待ち望んでいる。


所在地 長岡市千秋3丁目1356番地6
お問合せ TEL (0258)29-7711  FAX (0258)29-7722
アクセス <バス>
R長岡駅大手口8番線市内循環バス
JR長岡駅大手口7番線近代美術館行きバス約12分、近代美術館前下車

<車>
JR長岡駅大手口より車で10分
長岡インターより5分
施設概要 コンサートホール
700席/舞台・間口18.5m、奥行9.0m/楽屋・7室/その他・オーケストラロビー、楽屋受付ほか

シアター
450席/舞台・間口12.6m~21.0m、奥行14.0m、高さ7.0m~8.0m/楽屋・6室/その他・洗濯室、シャワールーム、楽屋受付ほか

スタジオ(練習室)
第1スタジオ(235m2・80~100人、ミニコンサートが可能)
第2~5スタジオ(約70m2・30~40人)
第6~10スタジオ(約40m2・5~10人)
その他・サービスコーナー、シャワールーム

情報ラウンジ
チケット販売、イベント及び芸術文化情報の提供、試聴コーナー

その他の設備
ビュッフェ、クローク、託児室、ワークルームなど
使用時間 午前9時から午後10時まで(夜間の使用がない場合は、午後6時まで)
休館日 年末年始:12月28日から翌年1月4日まで
URL http://www.nagaoka-caf.or.jp

ページの先頭に戻る
一般社団法人 長岡観光コンベンション協会 〒940-0062 新潟県長岡市大手通1-4-11 水野ビル TEL:0258-32-1187 FAX:0258-31-1777
Copyright(C) Nagaoka Tourism Convention Association